第二弾おやつキッキングは一銭洋食

一銭洋食は大正から昭和初期にかけて、京都で流行った、お好み焼きの原型のような食べ物だそうで、当時“一銭”で買えた“洋食”だったので“一銭洋食”と呼ばれるようになったそうです。

その昔懐かしい一銭洋食を今回のメニューに(^^♪

ホットプレートに生地を流して焼きながら野菜、紅ショウガなどの具材をパラパラ、皆さんそれぞれの役割があり、真剣そのもの!!

調理を楽しんだ後は、皆さんで美味しく頂きました。

(令和2年7月24日 デイサービスおやつクッキング”一銭洋食”)